あくびが多い症状の病気や原因

あくびという症状とその原因


眠くなったときに、ついフワーっと出る「あくび」。脳に酸素が足りないときにおこる症状といわれます。あくびは、一回だけでなく連発することが多い。また、一人がすれば、同じ部屋の別の人も、伝染のようにしてしまいます。こうしたことからあくびは、低酸素状態や高二酸化炭素状態が、引き起こすものと考えられていました。

しかし、そのような説を否定する実験結果は、以前から報告されてます。最近では、体温の調節に使われるという学説も登場しています。しかしどれも確証はありません。科学の発達した現代でさえ、あくびの原因は、未解明なのです。


あくび

あくびが、低酸素症気味な場合に起きるといわれるてるのは、 「大きく呼吸をすることで、足りない酸素を取り込む目的で起こる」 という考えです。

退屈すると起こる

換気が十分行われていない閉じこもった部屋。タバコの煙などが充満する空気が汚れている部屋。 そうした空間に、長時間いる留まっているときには、あくびが出やすくなります。 また、体が疲れている場合にもあくびが出やすくなるようです。 また、別の状況では、退屈したときにもあくびがでます。

こうした状況に共通しているのは「脳の活動レベルが低下」していること。 酸素が足りない・眠気が感じられるということは脳が疲れてきている現れです。 当然ながら、活動レベルが下がってきています。 また、興味が持てる話を聞いているときには脳の活動も活発になるでしょうが、 そうでなければ活動レベルは下がってしまうことでしょう。

よく言われる「あくびの伝染」は、そこに集まっている人たち皆の、 脳活動レベルが下がっている状態にあるのかもしれません。 この場合のあくびは、脳の活動レベルを上げようとしています。


怖い病気が潜んでいることも

精神的なストレスなどで副交感神経が狂った結果、あくびが出やすくなることもあります。 神経伝達物質の異常で起こるとされていますが、これにも、諸説あって決定的な原因究明にはいたっていません。

「あくび」が病気であるならば、その原因は酸素不足や、疲労および寝不足などです。 空気の良い場所へ行ったり、睡眠を十分に取ることが、この病気の改善や治療方法にあたります。単にあくびが出るだけであれば、おおきな問題はなく気にするほどではないでしょう。

ただし、疲労感を伴ったり、めまいがするような状態が続くようなら注意が必要です。 睡眠を十分とっても改善されないならば、病院で診察してください。


1 生あくびは注意

「あくび」と似ているのが生あくびです。あくびは、主に眠くなったときに出るものですが、生あくびの原因は低酸素とはっきりわかってます。あまりにも頻繁に「生あくび」がでたりそれが止まらないような場合は、病気の疑いがあります。 脳が酸素不足になったときに、出るので たとえば、血管が詰まって酸素不足になる心筋梗塞や脳梗塞などです。 「脳卒中の予兆」と言われているのは、ただの口伝ではないということですね。 「生あくび」は、ほかにも「脳炎」や「舞踏病」などの症状のひとつとして挙げられてます。

2 あくび と涙

涙は目に栄養を運んだり、角膜を守るバリア膜の役割もあります。 とくに黒目は涙からしか酸素がもらえません。その涙が不足してしまうと目の表面が痛んで、 外部からの細菌の侵入などに対する抵抗力もなくなり、目の病気にかかりやすくなります。
一番怖いのは角膜潰瘍。角膜に傷がついたり、病原微生物に感染しておこる病気です。 悪貨すれば失明に至るここともありますし、回復しても視力障害の後遺症が残る大変な病気です。 ドライアイを舐めちゃいけません。


ドライアイチェック

 あなたはドライアイでしょうか。どっちかわからなくても、ちょっとでも気になるなら、「10秒間の目の見開きテスト」が、決着してくれます。いますぐできるテストなので、試しにやってみてください。

1 10秒間、まばたきせずに目を開け続ける
2 10秒もたなかったらドライアイの可能性
3 5秒未満ならほぼ間違いなくドライアイ


いかがです?

ドライアイでしたでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする