抜け毛の症状から

髪の毛が抜けてしまうこんな原因

髪の毛は、美しさ・かっこよさをアピール容姿のファクター。 それだけに、 毛髪が抜けて頭が薄くなると、実年齢よりも老けて みえます。 抜け毛には、年齢的な要因もあるのですが、そればかりでありません。 ストレスなど精神的なものや、生活環境、強い薬の影響であったり、病気が潜んでいる場合といった、 原因は多岐に渡るようです。 まったく見に覚えの無いのに抜けるのなら、「先天な原因的」ということもあります。

ここでは、抜け毛のお話をします。


● 髪の毛の特性

抜毛の説明をするその前に、髪の毛そのものについて少しばかりお話しします。 頭の上にある髪の毛には、どんな特性があるのでしょうか。

硬毛と軟毛
髪の毛の本数は、約10万本あるといわれています。 健康な人であっても、毎日50~100本が抜け落ちます。この本数は極めて自然なことです。 髪質は、硬毛と軟毛に分けられます。区分けの基準は、太さ(直径)です。 軟毛とは、直径が30μm(マイクロメートル)よりも細い毛のこと。

メラニン色素も少ないため、周りの髪の毛より薄い色をしています。 赤ちゃんの毛身の毛はほとんどが軟毛です。身体が、乳児期から思春期へと成長していくにつれて、 太く艶やかでコシのある硬毛へと変化していきます。

ヘアサイクル
生物に寿命があるように、髪の毛1本1本にも寿命があります。 伸びては抜けて、また新しく生えることをくりかえしているのです。 これは、「ヘアサイクル」と呼ばれています。休止期、成長期、退行期を繰り返しています。 休止期の時間は、3~4ヶ月程度、成長期が一番長くて、2~6年間。退行期は2週間程度です。

髪の毛が抜けていくのは「休止期」ですが、事実上の衰退は「退行期」で起こっています。 つまり、髪が抜け落ちるより前に、根っこの部分ではすでに寿命を終えているということです。 抜け毛の季節変動については諸説あります。 人によっては、初夏から秋にかけて増えるという報告もあります。 秋に頭が寂しくなるのは、自然なことといえそうです。


● 抜ける原因

髪は、意外としぶとい?

寂しく抜けていく髪の毛。カンタンに抜けるようですが、悲観するほどナイーブでもないようです。 あまりいい例でないかもしれませんが、ガンの治療を受けた人のケース。 抗癌剤を投与された人は、髪の毛が直ぐに脱け落ちてしまいます。 綺麗に禿げるので、心配になるのですが、治療が終了してしばらくすれば、もとの状態まで回復します。 髪がはえるのです。

抗がん剤治療による脱毛がなぜ起こるかについては、はっきりとは解明されてはいないようです。 抗がん剤は、細胞分裂のスピードが早いがん細胞に入り込んで、分裂・増殖を阻止します。 そこから、推測されるていることは、正常な細胞は分裂スピードが遅いので、 傷つけられても元に戻ることができるらしいのです。

ほかの細胞も傷ついていますが、髪の毛の場合「抜ける」という症状が目だってます。 病気によるストレスも加わわって、ナイーブな髪の毛はカンタンに抜けてしまいます。

こうしたことから「髪の毛はストレスに非常に弱い」ということがわかります。 この例では同時に、再生する能力もそんなに弱くないことも示唆しています。 病気やストレスに弱くて抜けるけれど、抜けっ放しではなくて、状況が許せば生えてくる。 それが、髪の毛の特性です。

安心しましたね。いや、逆に不安になったでしょうか?


● 性ホルモン

性ホルモンには、「男性ホルモン」と「女性ホルモン」とがあります。 この場合の「男」「女」は、ホルモンの話であり、性別に関係ありません。 量の差はあるものの、男女ともに、男性ホルモン・女性ホルモンの両方を、体内に有しているのです。 発毛との関係ですが、男性ホルモンが多いと毛の量が多くなって、 女性ホルモンが多いと毛の量は少なくなくなる、というのが、一般的です。

ただしこの一般法則は、頭のてっぺんの毛については少し異なります。 ほかの部分の毛は濃いのに、頭頂部だけ薄い人は、どこにでもいます。 いわゆる「てっぺんは禿げ」という生え方ですね。 頭の天辺にも男性ホルモンは分泌されているのですが、 なぜか、その部分だけ毛の「ホルモンの細胞(ホルモンレセプター)」が反応しなくなっているのです。 メカニズムは、いまだ解明されていません。


● 抜け毛の症状

髪の毛が無くなったり抜けていくのは、寂しいことです。 そのような症状を起こす病気には、次のようなものがあります。

 頭部白癬
 円形脱毛症
 壮年性脱毛症
 先天性無毛症
 瘢痕性無毛症
 脂腺母斑
 薬物による脱毛症
 抜け毛症

「頭部白癬」 ピンク色でウロコ状の痒みを伴った、頭にできる皮疹のこと。皮疹のできると、その部分の毛が、まだらに抜け落ちます。
「円形脱毛症」 とは、頭の毛が丸く円をかいたように抜け落ちること。痛みや痒みなどはありません。


「壮年性脱毛症」 とは、おでこから、頭のてっぺんにかけての毛が、だんだんと抜け落ちていくこと。年齢とともに、抜ける髪の毛の量も増えていきます。いわゆる「加齢によるハゲ」のことです。


「先天性無毛症」 とは、生まれつき毛が生えてこない症状です。
「瘢痕性無毛症」 は、怪我などをした事をきっかけにして、それまで毛が生えていた場所に、毛が生えなくなってしまうことを言います。


「脂腺母斑」 とは、生まれつき頭にできている少し盛り上がったような黄色っぽいアザのこと。そのアザの部分にだけ毛が生えてこないものです。
「薬物による脱毛症」 は、上記で言った「抗癌剤などの副作用」などです。薬物の影響によって毛が抜け落ちてしまうことを言います。


「抜け毛症」 とは、常に毛が抜けやすい状態の人です。体質的なものがあるいおうですが、だんだんと頭の毛が薄くなってきます。たんぱく質や鉄分、ミネラル分の不足やタバコ、ストレス、それに肌に合わないシャンプーの使用も、抜け毛の原因になります。

他にも、「下垂体機能低下症」や「甲状腺機能低下症」といった病気が、 抜け毛に繋がるケースもあります。一見、髪の毛に無関係なようですが、症状が強いと、 頭部に影響を及ぼすようです。

脳下垂体は、多くのホルモンの分泌を行っている内分泌器官です。 前葉と後葉とに分けられますが、 このうち、前葉でつくられる種々のホルモンの分泌が障害されて起こる病気が「下垂体機能低下症」です。 身長が伸びない・筋肉や骨量の低下・月経がこない、などの症状が現れます。 不妊症や体重増加、脱力感、それに脱毛も引き起こします。

甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンの分泌量が不十分になる病気です。 顔が腫れぼったくなったり、皮膚の乾燥や寒さに敏感になり、体重の増加などが見られます。 脱毛も起こります。全身がエネルギーを利用できなくなる病気なので、症状は非常に多くて複雑ぶなります。


● おしまいに

以上。

髪の毛が抜ける病気を、いくつかチェックしました。身近なものばかりではないので、 現実感が薄いかもしれません。髪の毛は心配ですが、それ以上に、大きな病気にかかってしまうと、 もはや、髪の毛どころではないでしょう。とにかく病気を治すのが先決になるので、 髪ばかりを心配している状況ではないようです。

当たり前といえば当たり前ですが、見た目の気にしなくなると、 とたんに病気に負けてしまう危険もあります。人間の芯の強さは病気に勝つ第一歩かもしれません。 病気だからと言って、髪の毛をあきらめないでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする